300529稽古

本日の稽古記録です。
新しい方が二名入会されました。
学生さんと若い女性。
これからが楽しみです。
 
さて今日の技ですが、矢野師範の指導でした。
〇片手持ち回転動作からの投げ(1)(2)
(感想)
受けの中心を取る感覚で回転し、脇潜りの際は自分の軸を意識すること。投げを打つ際は、相手の頭を強く下げると反発が起きるので、なでるように行う。
 
〇両手持ち四カ条投げ(1)
(感想)
足さばきは天地投げの様に行う。
右半身の場合、左手は回外し四カ条に取り、右手は回内で肘を揚げて受けを螺旋に崩す。右足を踏み出し投げを打つ。
四カ条は痛みも必要ですが、経絡を通じ中心をとらえる稽古でもあります。また型を覚える際は分解して覚えますが、この技は特に途切れない流れが必要だと思いました。
〇同腰入れ投げ
(感想)
投げを打つ際に、我の腰を入れて、腰に軽く乗せて投げる。
完全に腰を入れると受けが危ないので注意。
〇座技 掛け手 両手四カ条抑えからの手首返し四カ条による肩の詰め
(感想)
受けは甲を表にして両手を差し出す。
仕手は掛け手にて両手を四カ条で極める。
①四カ条を受けの腹に押し込むようにして圧縮し、反発力をもらいながら、我の小指を合わせるように四カ条を返し、受けの肘、肩が詰まるように浮き上げる。このとき仕手は最初の正座のまま。
②四カ条を掛け、捉え(結び)を感じたらやや引き込むようにして下方に崩す。受けは肘から崩れ落ちるようになるので、そこから小手を返して肘伸ばしの合気を掛ける。
 
共通稽古はここまででした。
 
この後私は、両手持ちの技を通しで行いました。
両手持ちの崩しは、精妙で難しい。受けの感覚をわかっている人に導いてもらえるとわかりやすい稽古になりますが、知らない人をうまく崩せるか!というのももちろん良い稽古になります。今日は両手持ちからの崩しを、一時間ほど稽古していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA