300515稽古

本日は、林師範代の指揮のもと基本動作等を稽古しました。

その後、受け身の稽古として、綾持ち転換二カ条抑えからの投げを稽古しました。

石渡師範が基本技の指導を行い

横面打ち側面入り身投げ(1)

横面打ち側面入り身投げ(2)

を行いました。

その後は各自の審査稽古ならびに課題練習を行いました。

矢野師範からは、

・座り技正面打ち一カ条抑えの仕手の打ち込みの仕方
→刷り上げではいる。

・座り技二カ条抑え(1)の受け
→受けが斜め後方に受けを取る

・座り技の(2)における受けの動き
→受けは回転の際に、内側の足を少し立てて回る

などの指導がありました。

今日は人数も多く盛況でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA