新道場長が矢野師範になりました。

5月8日の役員会の中で、長年練精会の代表を務めてこられた石渡師範が顧問に就任し、新しく道場長として矢野師範が就任しました。

今後、矢野師範の指導の下、稽古をしていくことになります。矢野師範は長く沼津西高等学校の合気道部コーチを務められ、多くの受賞実績をお持ちです。

石渡師範は、顧問となりますが、稽古には今後とも参加されるとのことです。

また指導体制も少し変わり、指導員や師範代、師範が持ち回りで体操などの指揮をしていくことになりますので、よろしくご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA