納会でした。

本日、12月18日にて、H24年の稽古が終了しました。
練精会の皆様お疲れ様でした。(一応、今週の水曜日と木曜日の稽古もあります)
稽古では、両手持ち呼吸投げ、綾持ち二箇条の(2)を行いました。
両手持ち呼吸投げは、両手首をつかませ「とらえる」感覚を眼目に行うよう指導がありました。

「とらえる」ということは、肘を伸ばし肩を詰める、手のひらを密着させるなどが、実際の物理現象でしょう。それらが組み合わさることで、とらえる感覚が身につくようになります。
また、綾持ち二箇条は、現養神館の規定スタイルで行いました。
個人的には、このスタイルでやるならば、「肘のばし」「肩詰め」「ゼロポイント」を意識し、腹の意識を持って切り下すことが大事あると考えました。

また、役員会にて、新ホームページへの更新が承認され、コンテンツの充実についても了承を得ることができました。今後、より一層の充実を図る予定ですので、よろしくお願いします。

具体的には、ぜひ「 いいね!」 ボタンのクリックをお願いします。

役員会では、50周年記念誌の転載、動画の撮影と掲載の許可、新人プログラムの作成が承認されましたので、準備が整い次第、掲載していく予定です。

来年も皆様よろしくおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA