300415稽古

今日の嵐はすごかったですね。明け方あまりの風雨の激しさに起きてしまった方も多かったのではないでしょうか。しかし稽古が始まるころには、すっかり落ち着き少々蒸し暑いくらいで、身体を動かすには絶好の日よりでした。

石渡師範は、この風雨が稽古が始まるころには何となく収まるのではないか、と感じられていたそうです。合気道は、天と地の調和する力を取り入れるもの、そのような自然をとらえる力、感覚・・・いわゆる「気」を感じる力がだんだんと見に宿ってくるのかもしれないと思いました。

今日は基本動作を集中的に修正しながら行いました。
基本動作6本については、かなり細かく注意を行いました。

その後基本技として、正面打ち側面入り身投げを行いました。

(1)機先を制し仕手から打ち込み、受けの前腕と肘をとらえ押し込むようにして、仕手の斜め前に崩します。このとき受けが前のめりになると違う技の崩しになってしまうので、注意が必要です。

そこから仕手の左ひじを受けの喉元に入れ、同時に後ろ足を受けの裏三角に移動させ崩します。受けはたまらずのけぞる形になるので、姿勢を整え受けを倒します。

一瞬で受けをとらえ、斜め下方向に崩す最初のとらえが肝ですね。

(2)受けの打ち込みをとらえ、仕手は転換しながら受けの前腕を巻き込みます。仕手の腹前に受けの小手を固定して、仕手は螺旋で肘を受けの喉元にあて、崩し倒します。ややもすると受けが前傾して、その重みを仕手の前腕で持ち上げるような形になりやすいので、そこが注意のしどころです。

4月、少々熱くなってきました。

十分に水分を取って、安全に稽古しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA