290509稽古

火曜日稽古は、石渡師範がいらっしゃらなかったので、山崎がメニューを決めました。

先日の指導員の意見交換の中で、「仕手受け関係の明確化」が課題と認識されたことを受け、この日は、受けの形や意識について、稽古をしました。

何度もこのブログで書いていますが、受け=上位者 が剣術では基本です。上位者が下位者を導くように行うのが、仕手受け稽古の大事なポイントです。

なぜ形稽古をするのか、そこをもう一度考えてみてはどうでしょうか。

どうしても、仕手受け稽古に抵抗がある「負けるのは嫌だ」という人がいたら、仕手受け稽古の受けの中で、受けの形は取るけれども、いつでも裏を取れるタイミングを探す、稽古というのをしてはどうでしょうか。

形で負けても、心は負けない、そんな気概があれば、仕手受けに抵抗がある人も気持ちよく稽古ができると思います。

受けは、とてもいい自分の稽古になるんですよ。

さてこの日は、次のメニューを行いました。

回転動作(1)(2)

回転動作からの投げ(1)(2)

正面打ち体捌き 後方倒し(応用)

片手持ち側面入り身投げ

片手持ち四方投げ

座り技片手持ち一箇条抑え

呼吸法(1)

回転動作及びその投げは、体捌きの練習と受け身を主眼に行いました。回転動作(2)はきれいに受けを誘導できれば、受けはたまらず飛躍受け身をすることになります。

正面打ち体捌きは、応用技ですが、後方に素早く、そしてできるだけ近い間合いで入る稽古をしました。

片手持ちの側面と四方投げは、受けの形を丁寧に解説しました。養神館では受けの形が決まっていますが、それは受けの形を決めることにより、ただしい崩しのイメージを持ってもらうためです。

また特に側面入り身投げの方ですが、単独ではできている側方受け身ができず、逆の手をついて危険な人がいるので、そこを注意しました。

座り技は、力を抜くこと、つなげる感覚を持つことに注意を置きました。力ませに行うと逆に受けの抵抗を引き起こすことになります。受けの力を抜く、そこが合気の稽古の主眼となります。

仕手受け稽古について、もっと積極的に考えてみませんか。そうなると一層合気道のけいこが楽しくなります。

改めて基本の構え

4月は新しい稽古仲間が増える季節です。伸び行く新芽、吹き出す若葉をみて「新しいことをはじめてみようか」と思う人が増えるのかもしれません。

今年私が指導に行っている高専合気道部には、少なくとも7名の仲間が増えました。例年の倍以上の部員が入ったわけですが、要因は「かっこいいビデオ」を見せたから、というもの(笑)
イメージ戦略は大事です。

とはいえ、内実が伴わないとやめてしまう人が多いのも事実。
まずは受身や基本動作をみっちりとやりたいものです。

今日は、改めて基本中の基本である構えを学びました。
構えの下半身の使い方、そして上半身の意識の持ち方、とくに「折れない腕」や「釣鐘の感覚」を講習しました。
意識の使い方で、身体が変わる不思議を知り、目を輝かせて稽古する進入部員を見て、しみじみ「いいなあ」と思いました。
教えるほうの醍醐味です。このまま素直に合気道を好きになってもらえればと思っています。

290328稽古

この日も石渡師範がいらっしゃらなかったので、山崎が統一稽古の内容を考えました。前回同様、黒帯(色帯)と白帯がペアになって順にまわしていく方式で行いました。合気道は固定ペアでやるよりも、いろいろな人とやったほうが、汎用性が高まるので、できるだけペアが変わる形でやって行きたいと思います。

さて、本当に皆さん受身がよくなってきました。ただ、単独での受身の上達の次は技の中での受身の上達が次の段階としてありますので、この日は技の中の受身を重点的に行いました。

まずは回転投げを前方回転受身で受ける。
続いて、正面打ち体捌きからの突き当身を後方受身。
正面打ち正面入身投げを側方受身、または後方回転受身。
両手もち呼吸投げを前方回転受身

それぞれ単独では練習している受身ですが、技の中で受けるとなると勝手が違うようで戸惑う方が多いようでした。

仕手の面から言えば、体捌きを苦手とされる方が多いようです。合気道の体捌きは、合気道らしさの一つであります。分かりやすい正面打ちで行いましたが、どうしても身体が逃げていいタイミングで入れない人が多いようでした。

これは目付けの問題があります。いわゆる遠山の目付けを行うことが大切です。また足捌きも、普段からすり足、親指重心での歩き方を稽古していないと、スッスッと動けません。稽古中で出来ない自分を見つけ、日常の中で稽古していただければと思います。

後半は人が多くなってきましたので、座り技として、呼吸法1と呼吸法3を行いました。呼吸法3については、わかりやすく

受け 下から自護体で持つ。
仕手 自ら受けの下方向に重みを乗せる。(誘い)
受け 下方向の重みに自然に反応する(上に返そうとする)
仕手 受けの反応・反射を利用して合気揚げ

自護体など動かない相手には、少し誘いをかける必要があります。
呼吸法の3では、その所作が入っています。

こうしたことを行った後、30分ほど各自練習の時間を設け、最後に自由技で二時間の稽古を終えました。

座り技と稽古方法

先日の火曜日稽古は、石渡師範がお休みだったため、稽古の進行を山崎が行いました。私が行うときは、その日のテーマを決めてやっているのですが、今回は「座り技」ということで行いました。

立ち技でやると、どうしても場所の制約から3~4人のグループでの稽古となり、効率が悪かったのですが、座技であれば、そこまでスペースをとらないので、総当り方式で組み合わせをつくり、黒帯と白帯が組みとなって順番に稽古をするようにしました。

学生の稽古ではよくやる形なのですが、今回この形をやってみて、かなりよかったのではと思っています。黒帯の方が白帯の方を積極的に指導しながら効率よく稽古をすることが出来ました。週一日しか稽古に参加できない人も多いので、できるだけ多く稽古回数を増やしてあげたいと思っています。

今回は座り技でしたが、内容は基本的なものにとどめ、正面打ち、片手持ちの一箇条押さえ1、2と呼吸法1、2そして小葉返しを行いました。

やはり2の回転の際の動作が、どうしても初心者の方は、難しいようで、そこの指導が黒帯の方の腕の見せ所でした。

普段、座技の稽古が少ないので、機会があれば積極的に取り入れていこうと思います。

また半年ほど前から導入した、最初の準備運動~基本体錬の中で、飛躍受身の練習を入れることの成果が出てきたと思っています。白帯の方で、飛躍受身がとれない、という人がほぼいなくなりました。怪我を恐れて、受身の稽古をしないのは本末転倒ですから、今後とも受身の稽古時間については、適切に割いていこうと思います。

年初の計画を立てること

石渡師範が年頭の目標を立てることの大事を話されました。
石渡師範は、塩田剛三先生の「行住座臥一切の時勢是最善の道場」を引用され、この心がけが大事であるとおっしゃいました。

平たく言えば、日常生活における立ち居振る舞いが、即稽古となる ということですが、私もこの言葉を幾度となく読み返し、心に止めて来たつもりです。しかし、三日坊主となる体たらくです。

師範はおっしゃいました。「三日坊主でもいい」と。これは3日でもやらないよりかマシ、という側面、そして心がけるという行為そのものが大事、という意味でしょう。

まずは新年の目標、立ててみませんか。

平成29年の稽古が始まりました。

あけましておめでとうございます。

1月10日(火)から、練精会の稽古が始まりました。
本年もよろしくお願いします。
稽古始として、特に特別なことはありませんでしたが、おおよそ30人くらいの出席者がおり、盛況でした。

この日は、通常の準備体操や受身の練習をこなした後、片手持ちをテーマに稽古をしました。片手持ちは、掴まれた状態(もしくは掴ませる状況)で行われる技であり、合気独特の感覚を養うには丁度良いものです。

①片手持ち回転投げ

②片手持ち二か条押さえ(1)

③片手持ち二か条(松葉崩し・手刀詰)

④座技 片手持ち一箇条押さえ(2)

⑤片手持ち呼吸投げ(2) 回転動作2からの呼吸投げ

⑥片手持ち小手返し(1)

⑦片手持ち小手返し応用(猿手投)

⑧片手持ち四方投げ(または四方崩し、または腰投げ)

などを稽古しました。

平成28年の稽古終了

本年の稽古が終了しました。

管理人は、今年はあまり稽古に出ることが出来ませんでしたが、
会員も増え、会としては充実した一年であったと思います。

理事会が行われ、規約の改正や一年間の事業報告、決算報告がなされました。

今年はあまりホームページも更新しませんでしたが、年末にかけて、手直しをしたいと思っております。またご覧いただければと思います。

 

平成28年度 上期審査がありました。

お久しぶりです。

管理人です。

仕事の事情であまり合気道にいけなくなってしまっておりますが、時折顔を出しますので、よろしくお願いします。

審査お疲れ様でした。杉山様が撮影してくださった写真をアップロードしましたので、ぜひご確認ください。今回もパスワードは設定しておりません。

写真はこちら「ニコンのサイト」に飛びます。