稽古に来る人が少ない時ほど稽古のチャンス

10月が終わります。
12月の第一週は下期の審査ですが、11月は火曜日稽古が2回しかありません。(詳しくは稽古カレンダーをご覧ください)

10月は稽古に来る人が少なかったですね。気温の乱高下があったにせよ、涼しく稽古にはちょうど良かったのですが、だいぶ人が少ない日々が続きました。

審査だけが稽古目的ではないので、審査が近いからもっと来てくださいよ、というのはおかしいのですが、ちょっと人が少ないので寂しいです。

今日は、審査のある人は審査稽古、ない人は各自の課題でした。私はちょっと単独鍛錬を行っていたのですが、師範が「抜き」の極意を教えてくださいました。

今日の抜きの稽古方法は次の通りでした。

①合気揚げ:まずは脇下、肩口に当たるように指先を張り合気する。次に肘を柔らかく使って揚げるが、このとき腹がへこむように抜きを使って揚げる。
受けの体が浮くようにする。
立ち技でも同様に行い、受けの体が浮いたら、片方の手を自然体に下げ、掌だけ操作する。すると受けは崩れ落ちる。またこのとき、中心力がしっかりしていれば、受けはたまらなく仕手の中心に引き寄せられる。

②片手合気入れ、抜き投げ:受けが仕手の片手をぐっとつかむ、瞬間に仕手は指先を張り受けの肩口(脇下)へと合気を入れる。力をとらえたら、そのまま体の中心から抜くようにして、仕手の後ろ(よこ)に手首を返して、受けを転がせる。そのままとらえれば受けは動けない。

③両手持ち天地投げ2(抜き):天の手は、釣り手となり、さらに手の内の合気を使う。(剣の握り)地の手は、抜きの片手もち側面入り身投げ2の要領(体の変更2の抜きバージョン)とし、受けの手を密着して離さないようにして、腰から崩していく。受けはたまらず、絡まるようにして崩れあがってくるので、仕手は転換して足を出すと、受けはもんどりうって返る。

かなりわかりにくいと思いますが、仕方ないのです。感覚的なものが大きいですから、抜きは。

人の少ない日に来続けているとこんないいこともあるのです。

人の少ないときは、師範に特別な感覚を教えていただくチャンスですよ!

片手持ち正面入身投げ

先日の稽古で、師範がこの技を指定されました。なかなか普段やらない技です。この技の妙味は、片手を持たせたまま受けの肩口に巻き上げ、体を崩すところにあるのですが、その際の説明に感じ入りました。

師範は最初あえて肩口に持ってくるとしか言われませんでした。

その後しばらくして種明かしをするように、「最後には相手の指先を掴んで反らせるのだけれど、最初から「掴む」と教えると、相手の手が離れてしまう」とおっしゃっていました。

私はこの技は「抜き」の感覚を使う技だと思っていますが、それは始めてやる人には先の話。まずは掴ませたまま相手の手を通じて、相手身体中心をあやつること、これを意識して稽古する必要があります。

やはり見てますと手を掴むという最終形にこだわり、最初から掴んでしまう人が多くなっていました。教え方、って難しいのですね。

あえて教えない、ということも大事だと思いました。

審査が近くなってきました。稽古に来て下さい!

平常の稽古に出ていれば、こんなに審査前に焦らなくてもいいのに・・・と思っている人、いますか?(笑)

審査まで二週間となりましたが、ちょっと稽古に来る人数が少ないような気がします。審査対象の人が少ないのかもしれませんが、それでも審査対象の人の出席がちょっと少ないかなあ、と思っています。

審査はあくまで普段の稽古の延長戦にあるもの。技の形だけなぞっても、審査には合格して得るものが少ないですよ。と苦言を呈します。

技の形を覚えたら、一度上級者に受けてもらってください。その上級者に受けてもらって、細かい指導を仰いでください。同級同士で仕手受けをやっても、感覚で分からない部分があります。本当の形稽古をやるのであれば、同級同士の稽古の中でも、受けの形に理合が含まれているので、意味があるのですが、なかなか今受けの形まで細かく指導できないので、上級者に受けてもらう、というのが近道であると思います。

もっともその上級者が「耐える」稽古しかしないのであれば、時間の無駄ですからそうそうに引き上げたほうがいいですね。あくまで上級者は、「受け」をしながら仕手を導くことが出来る人でなければ、なりません。

仕手・受けの稽古方法がなぜ長く採用されているのか、その意味を考えるといいと思います。

290509稽古

火曜日稽古は、石渡師範がいらっしゃらなかったので、山崎がメニューを決めました。

先日の指導員の意見交換の中で、「仕手受け関係の明確化」が課題と認識されたことを受け、この日は、受けの形や意識について、稽古をしました。

何度もこのブログで書いていますが、受け=上位者 が剣術では基本です。上位者が下位者を導くように行うのが、仕手受け稽古の大事なポイントです。

なぜ形稽古をするのか、そこをもう一度考えてみてはどうでしょうか。

どうしても、仕手受け稽古に抵抗がある「負けるのは嫌だ」という人がいたら、仕手受け稽古の受けの中で、受けの形は取るけれども、いつでも裏を取れるタイミングを探す、稽古というのをしてはどうでしょうか。

形で負けても、心は負けない、そんな気概があれば、仕手受けに抵抗がある人も気持ちよく稽古ができると思います。

受けは、とてもいい自分の稽古になるんですよ。

さてこの日は、次のメニューを行いました。

回転動作(1)(2)

回転動作からの投げ(1)(2)

正面打ち体捌き 後方倒し(応用)

片手持ち側面入り身投げ

片手持ち四方投げ

座り技片手持ち一箇条抑え

呼吸法(1)

回転動作及びその投げは、体捌きの練習と受け身を主眼に行いました。回転動作(2)はきれいに受けを誘導できれば、受けはたまらず飛躍受け身をすることになります。

正面打ち体捌きは、応用技ですが、後方に素早く、そしてできるだけ近い間合いで入る稽古をしました。

片手持ちの側面と四方投げは、受けの形を丁寧に解説しました。養神館では受けの形が決まっていますが、それは受けの形を決めることにより、ただしい崩しのイメージを持ってもらうためです。

また特に側面入り身投げの方ですが、単独ではできている側方受け身ができず、逆の手をついて危険な人がいるので、そこを注意しました。

座り技は、力を抜くこと、つなげる感覚を持つことに注意を置きました。力ませに行うと逆に受けの抵抗を引き起こすことになります。受けの力を抜く、そこが合気の稽古の主眼となります。

仕手受け稽古について、もっと積極的に考えてみませんか。そうなると一層合気道のけいこが楽しくなります。

体捌き

石渡師範がいらっしゃらないとき、体捌きの稽古を加えています。
体捌きの向きに正しい方向があるわけではないのですが、ある一定の動きがスムーズに出来ることが目的です。
止らずスムーズに体捌きをして死角に入る足遣いを学ぶことで、自由技等にバリエーションが増えていきます。

普段互いに止った状態からの稽古が多いため、動きの中で技をかける稽古が少ないように思えます。特に審査稽古ばかりしていると、合気道らしい呼吸・タイミングが養われないと危惧します。

回転動作や体捌きをこれからも取り入れていきますので、よろしくお願いします。

改めて基本の構え

4月は新しい稽古仲間が増える季節です。伸び行く新芽、吹き出す若葉をみて「新しいことをはじめてみようか」と思う人が増えるのかもしれません。

今年私が指導に行っている高専合気道部には、少なくとも7名の仲間が増えました。例年の倍以上の部員が入ったわけですが、要因は「かっこいいビデオ」を見せたから、というもの(笑)
イメージ戦略は大事です。

とはいえ、内実が伴わないとやめてしまう人が多いのも事実。
まずは受身や基本動作をみっちりとやりたいものです。

今日は、改めて基本中の基本である構えを学びました。
構えの下半身の使い方、そして上半身の意識の持ち方、とくに「折れない腕」や「釣鐘の感覚」を講習しました。
意識の使い方で、身体が変わる不思議を知り、目を輝かせて稽古する進入部員を見て、しみじみ「いいなあ」と思いました。
教えるほうの醍醐味です。このまま素直に合気道を好きになってもらえればと思っています。

指導の難しさ

先日久しぶりに火曜日稽古で、指導をしましたが、反省点ばかりです。

要点の解説や基本動作との関連をもっと詳しく述べるべきでした。
毎回やっている回転動作(1)から派生関連技で組み立てるものでしたが、回転動作への理解が不十分なところから、応用技へと移ってしまったため、結局技のやり方に終始してしまいました。けして応用技をやりたかったわけではないのです。

回転動作には、基本的な体捌きが入っているため、これを流れでやる前に、要素を分解して行うことを、提案しています。メリット・デメリットがあるのですが、分節化した動きの稽古は流れの中でおろそかになりがちなポイントを確認することが出来ます。

分節化した動き(基本動作など)→流れを作る(基本動作応用)→基本技→応用技

という順番で考え、時折基本動作のポイントに戻ります。
この反復が指導なんだと、改めて考えました。

師範方の指導方法を参考にしながら、効率的、効果的なやりかたを模索していきます。

指導者資格審査がありました

先週の日曜日は合気道の指導者資格の審査でした。
練精会としては、初の試みであり、師範から半年以上前に受験を許可され、準備を進めてきました。
まず、合気道に関する論文提出。原稿用紙に10枚程度の内容を提出しました。
そしてこの年の瀬に三師範立会いの下、実技の受験に臨みました。
基本動作、百種類程度ある技からの指定技、自由技、実践即応技などの科目があり、もっとも重要視されたのが、「指導法」でした。
そもそも今回は指導者養成のための審査なので、こちらが最重要視されるのは当たり前なのです。
普段から指導や解説は行っていますが、改まって審査となると、本当に養神館合気道を理解しているかどうか、その深さが問われます。
 
合格かどうかは、分かりませんが、とりあえず次期指導者として、道場や学校で教えていくことになります。これまでの取り組みや考え方を整理するよい機会となりました。
 
今回の試験を通して思うことは、本当に師範方に恵まれているということです。師範は普段の稽古は言うに及ばず、こうした試験を適切な時期に行うことで、別の目を開かせてくださいます。
視点、次元が変われば世界が変わる、との言葉があります。
まさにそうです。だから、武道、武術はおもしろい。

8月16日は三嶋大社奉納演武です

恒例の三嶋大社奉納演武が今年も下記要領で行われます。

とき 8月16日(土)、11時30分~

ところ  大社芸能殿

練精会の会員であれば自由に参加できます。参加できる方は、本番に向けて稽古をしていきましょう。

やはり神様の前での演武、神意を感じての演武は身が引き締まります。

5/20稽古&指導員講習会のお知らせ

そろそろ審査が近づいてまいりました。
それゆえにこの日の稽古は、各自の審査稽古が主体でした。

審査という目標が定まりますと、バリバリと稽古が進みますね。ぜひ審査に合格するよう、そしてその過程を通じて上達するようがんばってください。

私はこの日、両手持ちの一か条の稽古を再びしました。
両手持ちの最初の「崩し」は、引きと押しで少し異なります。

つまり(1)では、少し左にはずしながら、同時に右前に敵を崩しますので、敵はななめ後ろに倒れるようになります。
(2)では、同じく少し左にはずしながらも、同時に右手で少し引き出すようにするので、敵は前につんのめるようになります。

稽古の最後に師範から、金曜日の8時から一時間ほど、指導員対象の稽古会を第一、第三に行うこととしたと発表がありました。

指導員の方は積極的にご参加ください。