伊藤一刀斎

伊藤一刀斎

伊藤一刀斎

伊藤一刀斎は、一刀流の開祖。剣道など武術をやっている方であれば、一度は聞いたことある名前です。
その生涯については、まったく知らなかったのですが、この本(どれだけ史実に基づいているかは不明ですが)によれば、伊豆~三嶋大社~小田原あたりに大変な縁のあった剣豪であるとのことでした。

自分も一刀流をホンの少しかじったことがあるので、わくわくしながら読みました。
武術についての薀蓄や書きぶりが神に入っているなあ、と思っていましたら、作者は剣道八段なんですね。恐れ入りました。(・◇・)ゞ

三嶋の段が結構長く、伊藤一刀斎の前名「前原弥五郎」は沼津の前原から取ったなどのエピソードが面白く、本当に楽しめました。三嶋大社に今度参詣する際に、伊藤一刀斎に思いを馳せてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA