塩田剛三 館長の本

こちらは、塩田剛三館長の最初の本といわれています。

当然絶版なのですが、amazonで4000円で手に入るようです。(270904時点)

この中には、当時の養神館の技が塩田剛三館長の演武写真で掲載されているとのことです。
たとえば、今はあまりやらなくなってしまった、両手もち小手返しで、すぐに小手を返すバージョンなどが掲載されているようです。

さまざまな資料を収集しているので、手に入れたいところですが・・・。

館長の残された資料を見ると、巷間の養神館の解説書の写真、つまり現在の師範方の演武写真と比べるともっと泥臭いようにみえます。

力感を感じる演武写真なのです。
通常力感を感じるような技は、掛かりが悪いのですが、館長の技は切れ味抜群だっとのことで、その辺はやはり写真だけでは分からないということなのか、はたまた写真故に、あえてそのように載せたのか・・・いろいろ想像は膨らみます。

ともあれ、もしこの本をお持ちの方は、教えてください。

合気道入門 レジャーを豊かに

合気道入門

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA