古書で塩田剛三館長の本が手に入りました。

こちらの本は、養神館初代館長 塩田剛三館長の初期の本です。

まだ手に入れたばかりで内容を読んでおりませんが、おそらくまだ養神館のほうが合気道として勢力が強かったころのものです。

合気会合気道との統合を考えているなどの記述がみられ、本当にそういう大同団結のようなことができたらよかったのになあ、と思います。

こちらにも豊富な館長の写真が載っており、とても参考になります。

というか館長の動きがダイナミックすぎて、今の型の参考には・・・(笑)

やっぱり館長の演武は美しいですねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA