体捌き

石渡師範がいらっしゃらないとき、体捌きの稽古を加えています。
体捌きの向きに正しい方向があるわけではないのですが、ある一定の動きがスムーズに出来ることが目的です。
止らずスムーズに体捌きをして死角に入る足遣いを学ぶことで、自由技等にバリエーションが増えていきます。

普段互いに止った状態からの稽古が多いため、動きの中で技をかける稽古が少ないように思えます。特に審査稽古ばかりしていると、合気道らしい呼吸・タイミングが養われないと危惧します。

回転動作や体捌きをこれからも取り入れていきますので、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA