審査が近くなってきました。稽古に来て下さい!

平常の稽古に出ていれば、こんなに審査前に焦らなくてもいいのに・・・と思っている人、いますか?(笑)

審査まで二週間となりましたが、ちょっと稽古に来る人数が少ないような気がします。審査対象の人が少ないのかもしれませんが、それでも審査対象の人の出席がちょっと少ないかなあ、と思っています。

審査はあくまで普段の稽古の延長戦にあるもの。技の形だけなぞっても、審査には合格して得るものが少ないですよ。と苦言を呈します。

技の形を覚えたら、一度上級者に受けてもらってください。その上級者に受けてもらって、細かい指導を仰いでください。同級同士で仕手受けをやっても、感覚で分からない部分があります。本当の形稽古をやるのであれば、同級同士の稽古の中でも、受けの形に理合が含まれているので、意味があるのですが、なかなか今受けの形まで細かく指導できないので、上級者に受けてもらう、というのが近道であると思います。

もっともその上級者が「耐える」稽古しかしないのであれば、時間の無駄ですからそうそうに引き上げたほうがいいですね。あくまで上級者は、「受け」をしながら仕手を導くことが出来る人でなければ、なりません。

仕手・受けの稽古方法がなぜ長く採用されているのか、その意味を考えるといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA