稽古に来る人が少ない時ほど稽古のチャンス

10月が終わります。
12月の第一週は下期の審査ですが、11月は火曜日稽古が2回しかありません。(詳しくは稽古カレンダーをご覧ください)

10月は稽古に来る人が少なかったですね。気温の乱高下があったにせよ、涼しく稽古にはちょうど良かったのですが、だいぶ人が少ない日々が続きました。

審査だけが稽古目的ではないので、審査が近いからもっと来てくださいよ、というのはおかしいのですが、ちょっと人が少ないので寂しいです。

今日は、審査のある人は審査稽古、ない人は各自の課題でした。私はちょっと単独鍛錬を行っていたのですが、師範が「抜き」の極意を教えてくださいました。

今日の抜きの稽古方法は次の通りでした。

①合気揚げ:まずは脇下、肩口に当たるように指先を張り合気する。次に肘を柔らかく使って揚げるが、このとき腹がへこむように抜きを使って揚げる。
受けの体が浮くようにする。
立ち技でも同様に行い、受けの体が浮いたら、片方の手を自然体に下げ、掌だけ操作する。すると受けは崩れ落ちる。またこのとき、中心力がしっかりしていれば、受けはたまらなく仕手の中心に引き寄せられる。

②片手合気入れ、抜き投げ:受けが仕手の片手をぐっとつかむ、瞬間に仕手は指先を張り受けの肩口(脇下)へと合気を入れる。力をとらえたら、そのまま体の中心から抜くようにして、仕手の後ろ(よこ)に手首を返して、受けを転がせる。そのままとらえれば受けは動けない。

③両手持ち天地投げ2(抜き):天の手は、釣り手となり、さらに手の内の合気を使う。(剣の握り)地の手は、抜きの片手もち側面入り身投げ2の要領(体の変更2の抜きバージョン)とし、受けの手を密着して離さないようにして、腰から崩していく。受けはたまらず、絡まるようにして崩れあがってくるので、仕手は転換して足を出すと、受けはもんどりうって返る。

かなりわかりにくいと思いますが、仕方ないのです。感覚的なものが大きいですから、抜きは。

人の少ない日に来続けているとこんないいこともあるのです。

人の少ないときは、師範に特別な感覚を教えていただくチャンスですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA