切り落としの体遣い

合気道の稽古では、よく剣を振り下ろすように、という喩えを使います。
果たして剣を振り下ろす動作を日常的にやっている人がどれだけいるかが疑問ですが、この振り下ろしにも、いろいろとやり方があることが、実際にやってみると分かります。

・放り投げるように斬る。

・放物線を描くように。

・剣の重さを生かして斬る。

などなど。

それぞれ微妙に身体の使い方が違います。
私が最近の練習する剣の型に「雷刀」というのがありますが、これは文字通り雷が落ちるが如きの豪壮な型です。といっても動き自体は単純ですが、この体遣い、刀使いこそ体の合気、呼吸力に直結するものだと思っています。

興味ある方、是非私まで聞いてください。一緒に稽古しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA