300529稽古

本日の稽古記録です。
新しい方が二名入会されました。
学生さんと若い女性。
これからが楽しみです。
 
さて今日の技ですが、矢野師範の指導でした。
〇片手持ち回転動作からの投げ(1)(2)
(感想)
受けの中心を取る感覚で回転し、脇潜りの際は自分の軸を意識すること。投げを打つ際は、相手の頭を強く下げると反発が起きるので、なでるように行う。
 
〇両手持ち四カ条投げ(1)
(感想)
足さばきは天地投げの様に行う。
右半身の場合、左手は回外し四カ条に取り、右手は回内で肘を揚げて受けを螺旋に崩す。右足を踏み出し投げを打つ。
四カ条は痛みも必要ですが、経絡を通じ中心をとらえる稽古でもあります。また型を覚える際は分解して覚えますが、この技は特に途切れない流れが必要だと思いました。
〇同腰入れ投げ
(感想)
投げを打つ際に、我の腰を入れて、腰に軽く乗せて投げる。
完全に腰を入れると受けが危ないので注意。
〇座技 掛け手 両手四カ条抑えからの手首返し四カ条による肩の詰め
(感想)
受けは甲を表にして両手を差し出す。
仕手は掛け手にて両手を四カ条で極める。
①四カ条を受けの腹に押し込むようにして圧縮し、反発力をもらいながら、我の小指を合わせるように四カ条を返し、受けの肘、肩が詰まるように浮き上げる。このとき仕手は最初の正座のまま。
②四カ条を掛け、捉え(結び)を感じたらやや引き込むようにして下方に崩す。受けは肘から崩れ落ちるようになるので、そこから小手を返して肘伸ばしの合気を掛ける。
 
共通稽古はここまででした。
 
この後私は、両手持ちの技を通しで行いました。
両手持ちの崩しは、精妙で難しい。受けの感覚をわかっている人に導いてもらえるとわかりやすい稽古になりますが、知らない人をうまく崩せるか!というのももちろん良い稽古になります。今日は両手持ちからの崩しを、一時間ほど稽古していました。

300515稽古

本日は、林師範代の指揮のもと基本動作等を稽古しました。

その後、受け身の稽古として、綾持ち転換二カ条抑えからの投げを稽古しました。

石渡師範が基本技の指導を行い

横面打ち側面入り身投げ(1)

横面打ち側面入り身投げ(2)

を行いました。

その後は各自の審査稽古ならびに課題練習を行いました。

矢野師範からは、

・座り技正面打ち一カ条抑えの仕手の打ち込みの仕方
→刷り上げではいる。

・座り技二カ条抑え(1)の受け
→受けが斜め後方に受けを取る

・座り技の(2)における受けの動き
→受けは回転の際に、内側の足を少し立てて回る

などの指導がありました。

今日は人数も多く盛況でした。

新道場長が矢野師範になりました。

5月8日の役員会の中で、長年練精会の代表を務めてこられた石渡師範が顧問に就任し、新しく道場長として矢野師範が就任しました。

今後、矢野師範の指導の下、稽古をしていくことになります。矢野師範は長く沼津西高等学校の合気道部コーチを務められ、多くの受賞実績をお持ちです。

石渡師範は、顧問となりますが、稽古には今後とも参加されるとのことです。

また指導体制も少し変わり、指導員や師範代、師範が持ち回りで体操などの指揮をしていくことになりますので、よろしくご了承ください。

指導員研修会(金曜日)

5月11日(金)は指導員研修会の日でした。

石渡師範の指導で行われる技術検証の場であり、指導員以上がみっちりと審査技を学んできています。

今回は呼吸法(5)、肩持ち二カ条抑え(1)、正面打ち後方倒し、後ろ両手持ち肘締(1)を行いました。

呼吸法(5)は、正座した状態で受けから両手をぐっと押さえつけられたところから左右に崩すものです。

いくつかコツはあるのですが、今回師範からは、呼吸をとらえ相手の力の流れを感じること、そして仕手の力は肩に効かせるのではなく、一気に体の中心をとらえてもっていくとのご指導をいただきました。

師範の両手を抑えると、力を抜かれ、身体が急激にねじられ下を向いていた顔が、いつの間にか天井を見上げていることになります。この爆発的な螺旋の力がどこからくるのか、どのような技術を使っているのか、まだまだ研究しなければなりません。

肩もち二カ条抑え(1)は、受けが仕手の肩をタテに掴んだ時の技です。横に出て力を外し、刷り上げの合気で崩すこと。そのご指導をいただきました。
刷り上げの合気でやや受けに入った力が、逆流したところで二カ条に極めますが、このときやや引き込むような形になります。
この力の流れを掴むことがこの技の眼目なのかなと思いました。

正面打ち後方倒し 正面を切ってきた攻撃を横に捌きながら切り落とす余裕はありません。この技は切り下ろしに合わせるように体捌きを行い、自らの手刀を「し」の字の軌道で、正面打ちの軌道をずらします。そして受けが攻撃側の肩口をさらした瞬間に、後ろに入り身し、肩口を「つまみ、折りたたむ」ようにして倒します。
さまざまな口伝が入った必殺の技です。とても、面白い好きな技ですね。

後ろ両手持ち肘締(1)これは、後ろ両手を取られた瞬間の体の沈み、そして前方に折り曲げる手首これがポイントです。この段階で受けに重みがかかり、下方に押しつぶされる、次の瞬間に仕手が揚げ手を使っていくので、たまらず受けは飛び上がるように浮いてしまいます。
肘締に入る際は、分解で足を寄せる段階はありますが、基本的には後ろ足から一気に入っていくよう、指導がありました。

これからも師範の指導員講習が月に一度ペースで開かれるようです。楽しみです。