古書で塩田剛三館長の本が手に入りました。

こちらの本は、養神館初代館長 塩田剛三館長の初期の本です。

まだ手に入れたばかりで内容を読んでおりませんが、おそらくまだ養神館のほうが合気道として勢力が強かったころのものです。

合気会合気道との統合を考えているなどの記述がみられ、本当にそういう大同団結のようなことができたらよかったのになあ、と思います。

こちらにも豊富な館長の写真が載っており、とても参考になります。

というか館長の動きがダイナミックすぎて、今の型の参考には・・・(笑)

やっぱり館長の演武は美しいですねえ。

300123稽古(護身術を稽古しました)

強い風と強い寒気の日が続きますね。

そんな中ご参加くださった皆様お疲れさまでした。

先日の火曜日の稽古では、寒さを吹き飛ばすため係稽古で比較的動きの多いものを行いました。
・諸手持ち体変更肘あて呼吸投げ
・同肘抱え投げ
・正面打ち側面入り身投げ(2)
・同応用帯取り投げ
・護身術 短刀取り(合気道第5教)
・護身術 短刀取り(小手返し)

護身術もたくさんありますが、こうした短刀取りは、普段やらないので、短刀の持ち方捌き方を含め良い稽古になったと思います。

1月はまだ審査まで時間がありますので、こうした護身的なものを取り入れていきたいと思っています。

平成30年 稽古が始まりました

今年の稽古が始まりました。1/8の稽古初めにも多くの会員が参加し、寒稽古の様相を呈する中、熱心に稽古したようです。

翌週15日の稽古には、石渡師範も見えられ、新年の抱負を語られました。
師範の目標は「一歩進む」とのことです。

我々から見ればすでに、「達人」の師範も、まだまだ前に進むという意欲、向上心を持っておられれます。師範との距離は膨大ですが、近づけるよう稽古に励みましょう。

基本動作、鍛錬のあとは係稽古で、片手もち呼吸投げを行いました。
非常に簡単な動作ですが、できない人が多い。
稽古に参加する限りは、師範の動きを見てまねできるようにしなければなりません。特に難しい技でもないので、これくらいは、すぐにまねできるくらいの集中力がなければ上達はおぼつきません。
これは、多くの会員が改めて集中し、稽古に対する考え方を変えるべきだと思いました。

自由稽古時間には、かねてより疑問であった、正面打ち側面入り身投げにおける、受けの腕のさばき方を確認しました。

本部の技では、手前に引き込むようにさばきますが、これでは、重い相手の重心が前に乗ってしまい、返すのが難しくなるので、斜め下方に腰を取るように崩すのがよいと指導がありました。

技も細かいところでは、先生によって違いがあります。
そのあたりをどう咀嚼していくか、これが稽古の楽しみですね。

2018新年あけましておめでとうございます。

平成18年 新年あけましておめでとうございます。本年も合気道練精会をよろしくお願いいたします。

会員の皆様におかれましては、どうぞ健康に気を付けて、実り大き一年となるようお祈り申し上げます。

さて稽古スケジュールにも書きましたが、新年の初稽古は、1/9(火)からです。寒い中ですが、新年最初の稽古に元気にいらしてください。

今年は、自分の課題としては昇段を目指すべく基本体錬を行います。
また会としても新規会員にアピールできるよう指導体制等充実させていきたいと思っております。

新年稽古始までに一年の計を立てて臨んでいただければと思います。